ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 恐竜ジオラマを作る トリケラトプス情景セット3
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

恐竜ジオラマを作る トリケラトプス情景セット3
今回最初の作業は「ウォッシング」と呼ばれる塗装法からとりかかります。この「ウォッシング」は戦車などのミリタリー模型を中心にスケールモデルのリアル感を出すために大変よく使われるテクニックですので是非覚えておいてください。

tricera30.jpg
●まず用意するものはタミヤエナメルのフラットブラック2に対して、フラットブラウン1くらいの比率で混ぜた塗料とエナメル溶剤です。エナメル溶剤と塗料を混ぜてウォッシング用の塗料を作りますが、上の写真を見てください。あくまで比率の見本として並べた写真ですが、塗料は容器の底に少したまっている程度ですが溶剤の量はかなり多めです。
塗料に溶剤を入れしっかりと塗料を溶かしてください。塗料というよりも色がついた溶剤という感じのものを作ります。これがウォッシング用の塗料となります。

tricera31.jpg
●この塗料を筆にたっぷり含ませ「ウォッシング」という名前のように模型全体を洗うような感じで塗っていきます。表面のウロコ模様の細い溝全部に塗料をしっかりとなじませるのが狙いです。全体に黒くなりすぎるようでしたら塗料が濃すぎるので溶剤で薄めてください。細い溝に塗料が残らないようでしたら塗料を少し足して塗料を濃くしてください。

tricera32.jpg
●ベロキラプトルや木も同じように塗料をなじませます。乾燥すると元の色より少々暗い色に落ち着きます。

tricera34.jpg
●次はタミヤアクリルのデザートイエローに少量のフラットホワイトを混ぜて明るめに調合した色を作ります。

tricera35.jpg
●その色をつけた筆を布や紙にこすりつけて、筆に少し塗料が残る程度の「乾いた筆」状態にします。

tricera48.jpg
●その筆で模型の表面をこすり付けると凸の部分だけに塗料が付き立体感が出てきます。このような塗装法は「ドライブラシ」と呼ばれこちらも模型の塗装ではよく使われる重要なテクニックです。さきほどのウォッシングは(影)を意識したのに対してドライブラシはハイライト(光)を意識した塗装とも言えますしこの2つ塗装法は今回のようにワンセットで使われることも多いです。

tricera36.jpg
●ウロコの彫刻が浮かび上がったのが分かるでしょうか?

tricera37.jpg
●濃い色の部分も同じようにドライブラシで塗っていきます。

tricera38.jpg
●角や爪はタミヤアクリルのXF-57バフで塗りました。

tricera39.jpg
●目はこんな感じです。フラットアースの上にブラックで黒目を描き、白でハイライト入れました。その上にX-22クリアーを一滴流すと生物らしさが出せます。

tricera40.jpg
●ベロキラプトルはドライブラシで表面の彫刻を強調した後、筆で暗緑色の縞模様を描いていきます。

tricera41.jpg
●木もドライブラシで塗りました。

tricera42.jpg
●そろそろベースのほうも工作を進めましょう。塗装だけでも良いですが今回はちょっと手を加えたいと思います。まず土の部分には「グレインペイント」という絵の具を使ってみようと思います。この「グレインペイント」は画材メーカー「ターナー」から発売されている商品です。これは水性アクリル絵の具の一種のようですが、ザラつきのある質感が表現できる絵の具で塗るだけで簡単に地面が作れます。また緑色もあるので草地にも使えますしプラスチックにもしっかり定着して剥がれません。この絵の具は画材店や東急ハンズなど扱っていますがまだどこでも手に入るという一般的なものではないかと思いますので、もし入手できないようでしたら後で紹介する「カラーパウダー」を使ってみても良いかと思います。

tricera43.jpg
ベースの横は汚れないようにマスキングテープで保護してください。「グレインペイント」の使い方は簡単で筆で塗るだけです。下地が乾いたらもう一度塗ると良いかと思います。
水性絵の具ですので筆は水で洗えます。

tricera44.jpg
●次は草地を「カラーパウダー」で作ります。この「カラーパウダー」は模型店、画材店で一般的に扱われていますので先の「グレインペイント」に比べるとはるかに入手し易いと思います。色の種類も何種類かありますので地面を表現したり草地を表現したりとジオラマには便利に使えます。

接着に用意する物は水と木工用ボンドです。木工用ボンドは100円ショップやコンビニにある普通の物で結構です。混ぜる比率の例として写真を撮りましたが、自分は水5に対してボンド1くらいで使っています。混ぜるとボンドというより白く濁った水という感じですがこれでもしっかり接着できます。

tricera45.jpg
●筆で接着面にボンドを塗っておきパウダーをまきます。

tricera46.jpg
●まいた上にボンドを含ませた筆で上からもボンドで湿らせる。

tricera47.jpg
●一晩たつと乾いてしっかり定着しました。

次回完成させたいと思います。

↓ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記