ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 エアーブラシの使い方
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

エアーブラシの使い方
新サイトにエアーブラシの特集ページを設けました。こちらも参考にしてください。
プラモを作るために必要なモノ

今回はエアーブラシの使い方の解説です。
ハンドピースの基本的な扱いは特に難しいものではなくカップに塗料を入れてボタンを押せば塗装が噴射できるのですが初心者の方がまず最初に戸惑うのは吹き付けに適正な塗料の濃度ではないかと思います。特にラッカー系塗料については塗料瓶からそのままハンドピースに入れて吹いてみると、「なにかボロボロと荒い粒子の塗料が出てきて細いクモの糸の固まりのようなものが模型に付いてしまった。」という体験をした方も少なくないと思います。(自分がそうでした。) ラッカー系塗料に関しては「こんなに薄めてだいじょうぶか?」と思うほど溶剤で薄めてちょうど良いくらいです。ちょうど目盛りのついた塗料瓶があったので順を追って写真説明していきます。まずその前にハンドピースの持ち方を紹介しましょう。
airb2-1.jpg
●人差し指でボタンを押す一般的な持ち方です。

airb2-2.jpg
●親指でボタンを押す持ち方です。広い面積を長時間吹く時などの持ち方です。

airb2-3.jpg
●さて、塗料の濃度についての検証です。まずクレオスのラッカー系塗料「Mr.カラー」の原液を10の目盛りの所まで入れてみます。

airb2-4.jpg
●この原液をハンドピースに入れてそのまま吹いてみるとボロボロの荒い粒子が飛び散り、塗膜も荒く汚いです。このまま吹き続けると先に書いたようにクモの糸が出てきます。

airb2-5.jpg
●塗料の半分の溶剤を加えてよく撹拌して吹き比べてみます。


●右の原液に比べるとまだましですが粒子は荒いです。

airb2-7.jpg
●塗料と同量の溶剤を加えてよく撹拌して吹き比べてみます。

airb2-8.jpg
●適正な濃度になりました。ぼかしの部分はきれいなグラデーションになっています。少なくとも塗料と同量の溶剤で薄める必要があるようです。

airb2-9.jpg
●水性アクリル塗料でも吹き比べてみました。右がクレオス、左がタミヤの塗料ですがこちらは原液のままでもきれいに吹けました。

airb2-10.jpg
●吹き終わってからのハンドピースの洗浄ですが、まずカップに溶剤を少し入れて画材店で売っている専用の筆や100円ショップの毛足の短い豚毛の筆を使いカップのふちをきれいにします。

airb2-14.jpg
●カップに溶剤を入れ、ロズルの口を指で押さえてブクブクうがいをさせます。飛び散って服や周りを汚さないようあまり溶剤を入れすぎず、エアーも出しすぎないように十分気をつけてください。

airb2-15.jpg
●さっきより溶剤を多めに入れ雑巾やボロ布などに吹き付けて中に残った塗料を追い出します。溶剤に色が付かなくなるまで繰り返してください。写真のようなクリーナーボトルがあると溶剤の霧が部屋に広がるのを防げます。


airb2-11.jpg
●ニードルも結構、塗料が付いて汚くなりますので取り出してきれいにしてください。先端を曲げてしまわないよう取り扱いに注意してください。

airb2-12.jpg
●時々は分解してハンドピースの内部を溶剤を含ませた綿棒など使いきれいにしてください。内部が汚れるとエアーが出にくくなったりボタンが押した状態のまま戻らなくなったりします。

airb2-13.jpg
●次回からはこのキットを使い実践的なキット制作、エアーブラシ塗装を解説していきたいと思います。

ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 模型

●アマゾンで探す
Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセット PS301Mr.リニアコンプレッサーL5/エアブラシセット PS301
(1998/09/25)
不明

商品詳細を見る

Mr.リニアコンプレッサー L7/エアーブラシセット(PS264 + 圧力計付レギュレーター付属)Mr.リニアコンプレッサー L7/エアーブラシセット(PS264 + 圧力計付レギュレーター付属)
(2007/11/25)
不明

商品詳細を見る



Mr.クリーナーボトルMr.クリーナーボトル
(1998/09/25)
不明

商品詳細を見る


●あみあみで探す

Mr.HOBBY リニアコンプレッサーL7 レギュレーター/プラチナセット




Mr.HOBBY リニアコンプレッサーL5/プラチナ/レギュレータセット







タミヤ HG コンプレッサーレボ(HGシングル エアーブラシ)



はげ
エアブラシのクリアーはシンナーで薄めるんですか?
2010/01/24(日) 21:11:53 | URL | [ 編集]
まさき
はげさんこんばんは。

エアーブラシでクリアーを吹く場合はその塗料の専用溶剤で薄めて使ってください。クレオスのラッカー系クリアを使う場合はこのブログに説明してある割合程度に薄める必要がありますが、色の塗料に比べると若干濃い目(溶剤少なめ)の方が良いかと思います。
水性アクリルを使う場合でも原液そのままよりも、若干薄めた方がきれいに吹けるかと思います。
いきなりボディに吹き付ける前に、ボデイ裏の完成後見えないような場所に試し吹きして濃度の調整をしっかりしてください。
2010/01/24(日) 22:00:58 | URL | [ 編集]
はげ
ありがとうございます。
実践してみます。
今は「フェラーリFXX」を作っています(笑)
2010/01/25(月) 18:22:40 | URL | [ 編集]
はげ
いい忘れたんですがMRカラーのクリアスプレーかエアーブラシの
クリアー、どちらがきれいに仕上げることができますか??
2010/01/25(月) 18:25:39 | URL | [ 編集]
まさき
スプレー缶でもエアーブラシでもどちらでもきれいに仕上がります。ただスプレー缶だと一度にたくさんのクリアが噴射されますので、垂れ出してくるような厚吹きをしないように注意してください。
2010/01/25(月) 21:43:10 | URL | [ 編集]
はげ
了解しました。
ありがとうございます。
2010/01/26(火) 23:23:27 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/11(日) 20:09:48 | | [ 編集]
まさき
ミルクさん初めまして。
非公開のコメントはログインしている時しか確認できないので、もし次回なにか質問がありましたらメールフォームからメールしてただけると助かります。

さてご質問の件ですが結論から言えばこのキットはプラモデルが全く初めての方にとってはかなり難しいキットだと思います。受け取られる方の年齢にもよりますが、全く塗装せずに組み立てるだけでしたらなんとか形になるかもしれません。しかしエンジンやコクピットが精密に再現されているのでそれだけ部品数が増えますし、説明書の指示どおり塗装までこなそうとするとかなり大変だと思います。プラモデルを送っていただいたのきっかけに本格的にプラモデル作りが好きになったり、将来このキットを上手に作れるようになりたいと部品も見てワクワクする。というようなこともありえると思いますので「やめておきましょう」という事もできません。結局はその子の事をよくわかっていらっしゃるミルクさんのご判断でという事になります。

工具類の価格については最小限の工具をセットしたものだと1000円以内でも購入できます。缶スプレーや塗料まで揃えると3000円ほどかかるかもしれません。

このブログの項目に「初めてのキット選びカーモデル編」や「プラモデル制作に必要な工具」というものもありますので参考にしてください。

2010/07/14(水) 20:17:42 | URL | [ 編集]
さんたく
はじめまして!
エアーブラシの使い方を検索していて寄らせていただきました。
ここでの使用エアブラシはMr.リニアコンプレッサーL5ですか?

エアブラシ購入、検討しています。
2013/01/30(水) 12:40:04 | URL | [ 編集]
まさき
久ぶりのログインでコメント見逃しておりました。大変お返事遅くなり申し訳ありません。

自分の使っているコンプレッサーはhttp://nekopura.blog43.fc2.com/blog-category-18.html
の記事に写真を載せています。これを買った当時は仕事でエアーブラシイラストを描いていました
ので業務用に近い性能で値段も結構高価な機種です。現在この機種はもう売られていないようです。

プラモデルの塗装でしたらMr.リニアコンプレッサーL5はなかなか良い選択だと思います。
エアーブラシ塗装楽しんでください。
2013/02/10(日) 17:06:25 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記