ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 小惑星探査機「はやぶさ」の制作2
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

小惑星探査機「はやぶさ」の制作2
いよいよ今夜はやぶさが帰還します。本体は大気圏突入の際に燃え尽きますが小惑星イトカワの採取したサンプルの入ったカプセルをオーストラリアの砂漠地帯に落下させそうです。モデラーの皆さんも関心が高いようで今日はこのブログにも「はやぶさ」をキーワードに来ていただいた方が多数いらっしゃいます。またこのブログは今日で2周年を迎えます。おかげさまで最近はひと月にのべ一万人ほどの方に訪問していただけるようになってきました。まだまだ至らない点が数々あるプラモ講座ですがこれからも取り上げていきたいキットがたくさんありますので、楽しんでいただければと思います。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

太陽電池パネルの裏側の塗装にかかりますがこれがなかなか大変そうです。パネルの裏側はフラットブラックに塗りますが凸モールドされてた配線?をシルバーに塗り分ける必要があります。最初はエナメル系塗料でブラックを塗りモールドの塗料を綿棒などで拭き取ろうとテストしてみましたが、モールドが細いのでなかなかうまく行きません。メーカーの完成見本を見るとモールドよりちょっと太いシルバー線に見えましたし、ひょっとしたらマスキングテープを使って塗り分けたのでないかと思いました。
hayabusa21.jpg
●ちょうど1ミリ幅のマスキングテープが手元にあったのでそれを使いマスキングしていきますが、細かくて根気のいる作業となります。細かい入り込んだ場所は後で筆塗りします。

hayabusa22.jpg
●フラットブラックを塗装してマスキングをはがすと予想は出来ましたが線が曲がったりして今ひとつの出来です。

hayabusa23.jpg
●溝引き定規を使い線を引き直し修正しまし。溝引きが分からない方はこちらを参考にしてください。

hayabusa24.jpg
●ちょっと離れて見ると見られるという感じの出来となってしまいました。後で考えるともし適度な太さのシルバー色のマーカーペンがあればそれを使って定規で線を引くのが一番きれいで早く出来そうな気がします。

hayabusa25.jpg
●さて機体の本体の塗装にかかります。説明書でシルバーで塗装指示されている場所は下地をそのまま生かし、カッパー(銅色)、フラットブラックで塗装指示されている場所を塗り分けます。

hayabusa26.jpg
●はなぶさの写真を見ると本体全体がシワが付けられた金色のアルミ箔のようなものに覆われています。これを再現するのに一番最初に思い浮かべるのはハセガワのミラーフィニッシュという製品ですが、これは本来凹凸のある下地にもピッタリ貼れるようにしなやかでシワになりにくい素材で出来ておりイメージと違う仕上がりになりそうな気がします。また価格も千円以上してキットの値段の半分ほどになりますしシルバーと違い金色のミラーフィニッシュは他にもなかなか使う機会がなくわざわざこのためだけに購入するのはお勧めできません。そこで今回は100円ショップで気軽に買える折り紙の中から金色の紙を使って機体に貼られたアルミを再現したいと思います。

hayabusa35.jpg
●まず金色の紙を水につけてしばらくすると裏紙がかんたんに剥がれるので、裏紙をはがし箔だけにしておきます。各色の2枚づつ入っているので失敗して破いても大丈夫です。

hayabusa20.jpg
●最初にスキャンしておいたプリントを用意します。部品のコピーを撮っておくことを昨日のブログに書き漏らしていたので今日追加記入しておきました。

hayabusa27.jpg
●裏面の余白部分にアルミ箔を固定する両面テープを貼ります。部品の部分にはテープがかからないようにしてください。

hayabusa28.jpg
●コピーの裏にアルミ箔を貼ります。そして下のアルミごと本体に貼るアルミ箔のおおまかな形を切り出します。大変薄い箔なので貼り重ねても継ぎ目はほとんど目立ちません。なるべく凹凸のある部分は避けて形を切り後ほど細かい部分は小さく切った箔を貼り重ていきます。

hayabusa29.jpg
●パーツへの接着は両面テープを使います。細かい部分がクリアボンドなどの接着剤を使います。

hayabusa30.jpg
hayabusa31.jpg
●アルミ箔を貼りました。カッパーを塗ったパネル部分は箔を綿棒などでこすると形が浮き出てきますのでそれを目安にナイフで窓を開けます。

hayabusa32.jpg
●はやぶさを立てる展示台は小惑星イトカワをイメージしたものらしいですが表面がツルっとしていておもしろくないので余っていた木紛粘土を使い凹凸をつけてやろうと思います。

hayabusa33.jpg
hayabusa34.jpg
●粘土をパーツに貼付け小石を撒き木工用ボンドで固定します。

hayabusa36.jpg
●アクリル絵の具のグレーで塗装しました。

ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 模型




guinnessbook
初めまして。
私も先日『はやぶさ』のキットを買い、金属箔っぽく作ってみたいなと思っておりました。
キットをスキャンして型紙にするなど、大変参考になりました。
昨日相模原のJAXAで『はやぶさ』の模型写真を撮ってきたのでトラックバックさせて頂きました。
実物とどの程度違うかは分かりませんが、金ピカでしたよ。
2010/07/04(日) 14:18:58 | URL | [ 編集]
初めまして。
制作記がお役にたったようで幸いです。
ブログ拝見しましたが、モデラーの視点で撮影されていますのでこれから制作される方には大変良い資料ですね。なにより模型とはいえ原寸大の「はやぶさ」を直接見学できたのは制作のイメージも掴みやすいのではないかと思います。是非完成させてください。
それにしても紹介されているビールがどれもおいしそうです。
2010/07/04(日) 21:55:20 | URL | [ 編集]
moon
初めまして。
別の掲示板でホイル折り紙の箔だけにする方法を教えてもらったものの上手く本体に貼れずにいました。
スキャンした画像で型紙を作るなんて目からウロコです!!
本体を組み上げてしまっているのでもう一つ買ってきて早速試してみます!!
2010/07/06(火) 13:23:44 | URL | [ 編集]
まさき
moonさん。ありがとうございます。
スキャンの型紙が好評のようですが、またこういった小ワザがあったら紹介していきたいと思います。2個目は上手くいくと思いますよ! また制作楽しんでください。
2010/07/06(火) 21:08:47 | URL | [ 編集]
moon
スキャンの型紙だけじゃなく折り紙を水につけちゃうなんて普通思いつきません!
小ワザ紹介楽しみにしています!!
2010/07/07(水) 12:58:56 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記