ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 カルソニックIMPUL GT-Rの制作5
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

カルソニックIMPUL GT-Rの制作5
今回はクリアーコートしたボディを研ぎ出しをして完成まで持っていきます。ただクリアーコートがうまくいって自分がもし「これでもう十分きれいじゃないか」と感じたら無理に研ぎ出しをする必要はないかと思います。なにもかもマニュアルのとうりに制作するのではなく自分の満足できた時点で良しとするのもプラモデル作りを長く楽しむコツこもしれません。
calsonic62.jpg
●前回のクリアーコートでクリアーの中にデカールを閉じ込めました。デカールの段差がほとんどなくなり空気から遮断されるのでデカールの劣化もある程度防ぐことになります。

calsonic57.jpg
●研ぎだしにはコンパウンドという模型用研磨剤を使います。コンパウンドには粗研ぎ用の粗目、細目、仕上げ用と種類がありますが、「予算がちょっと」という方は細目だけを用意していただけば結構です。必ず3種類使わなければきれいに仕上げできないというものではありません。現在は効率よく作業を進めるため色々な種類のコンパウンドが販売されていますが、一種類のコンパウンドしか無かった時代でも美しい光沢塗装を究める方はたくさんいらっしゃいました。

calsonic58.jpg
●研ぎ出しの最初は1200から1500番くらいの目の細かいペーパーで表面を整えます。

calsonic59.jpg
●こんな風に傷だらけになりましたが、今度はコンパウンドで磨いていきます。

calsonic60.jpg
●100円ショップで売っている眼鏡拭き用のシリコンクロスにコンパウンドを少量つけて磨きます。

calsonic61.jpg
●コンパウンドでの磨きを繰り返しツヤを出していきます。ただ研ぎ出しする場所はある程度の広さのある面だけで十分効果があると思います。エアーインテーク付近の複雑な形状の部分や角の部分を磨き過ぎると塗装を剥がしてしまう危険性が高いです。あまりがんばり過ぎない程度にしてください。

calsonic63.jpg
フロントウィンドウは裏側から塗り分ける必要がありますがキットにはマスキング用のシールが用意してあり大変助かります。ただこの塗り分けはエアーブラシ使用を想定しています。缶スプレーや筆塗りではなかなか難しいと思います。

calsonic64.jpg
●フロントウィンドウはデカールを貼った部分のみクリアーを吹き付けました。

calsonic65.jpg
●研ぎ出しの済んだボディに部品を取り付けていきます。この部分の接着ではボディを汚さないようにほとんどプラモデル用接着剤を使わず、クリアボンドと瞬間接着剤を使い分けました。

calsonic66.jpg
●コクピットを組み終えたシャーシをボディを合体させるとほとんど完成です。

calsonic67.jpg
●最後の最後にまた失敗です。インレットマークを破損し欠けた部分が無くなってしまいました。どうやら2度目の部品請求になりそうです。今回のキットは高くつきました。
とりあえず完成写真を撮影しましたが請求部品が届きマークを貼ってからまた写真を撮り直し、ホームページにもアップしたいと思います。詳細な写真はもう少しお待ちください。

7月17日更新 インレットマークを取り寄せて完成しました。
大きな画像はホームページでご覧ください。
calsonic01.jpg

calsonic02.jpg

calsonic03.jpg


次回は飛行機の制作です。古いキットですがタミヤ1/48のF15Jを制作してみたいと思います。

カルソニックIMPUL GT-Rの制作1
カルソニックIMPUL GT-Rの制作2
カルソニックIMPUL GT-Rの制作3
カルソニックIMPUL GT-Rの制作4

ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 模型







momo_chan!!です
おつかれさまでした!
今回の作例も非常に楽しんで読ませていただきました!
メッキ部分のトラブルとリカバリも参考になりましたし、オーソドックスにラッカークリアでの研ぎ出しでも十分にいけるなぁ~と、感心しました!
そうそう!文中の「一種類のコンパウンドしか無かった時代でも美しい光沢塗装を究める方はたくさんいらっしゃいました。」
コレ、、、凄く共感しました!
いろんなマテリアルを使いこなせるいい時代になりましたが、なくても工夫ややり方しだいで、いろいろできるもんですよね!これもモケイの楽しみ方のひとつですもんね~!
次回作もまた楽しみにしてます!
2009/07/05(日) 22:23:45 | URL | [ 編集]
まさき
マテリアルが充実するのは嬉しいことですが、最近は一部でなんでもかんでも使うほど良い仕上がりになるような誤解があるような気がしてちょっと心配になっています。コンパウンドがまだ一般的でなかった頃は歯磨き粉で磨いていたという話も聞いたことがありましたが、それでもなんとかなっていたんですね。
しかし今回はハセガワのミラーフィ二シュが大変良いマテリアルだったので助けられました。
2009/07/05(日) 23:19:07 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記