ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 2014年07月
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

タミヤ ナースホルンを作る
なかなか制作が進みませんが、タミヤのナースホルンを制作中です。とこう言っている間にタミヤ初の第一次大戦の戦車 マークIV メール の発売も迫ってきてしまいました。
このナースホルンはタミヤミリタリーミニチュアシリーズに何十年も前から熱望されていたアイテムですが、最新技術を導入しついにタミヤのナースホルンを作る事ができます。本来ならこのアイテムの登場はもっと大きなニュースになっても良いかもしれませんが、何が出ても不思議ではない現在のキット発売事情から意外なほど冷静に受け止められているような感じもします。とにかくサイバーホビー製キットに比べると、格段に部品数が少なく組み立て易いキットで誰でもカッコいいナースホルンを手にできる事を喜びながらこのキットを作ってみます。

組み立てに関しては、いつものタミヤ製品よりも更に組み立て易さが重視させているようで、戦車初心者の方でもスムーズに進められると思いますので、塗装にポイントを置いて解説していきたいと思います。なお今回から制作記事の写真もサムネール表示にしました。画像クリックで大きな画像が見られます。

nashorn1.jpg

nashorn2.jpg
●このナースホルンではミリタリーミニチュアシリーズでも初の試みが導入されています。砲身もいままで左右のパーツを組み合わせて作るのが一般的でしたがこのキットでは一体成形されたパーツが採用されています。

nashorn3.jpg
●フィギュアも3Dスキャンの導入で防寒服の細かいシワがリアルに再現されており、過去の傑作の4連装の防寒服のフィギュアっと比べるとその差は歴然です。

nashorn4.jpg
●足回りは戦車模型を組んだ経験のある方でしたら全く問題なく進められます。転輪のパーティングラインも薄いので軽くペーパをあてるだけで目立たなくなります。

nashorn5.jpg
●このキットを作るうえで一番の問題点は至所にあるこの穴です。

nashorn6.jpg
●完成するとほとんど見えないフェンダーの裏ですので、気にしなければそのままで良いのですがここはポリパテで埋める事にします。

nashorn7.jpg
●自分がよく使う手ですがラッカーパテにカラーパウダー(おがくず)を混ぜた物を泥汚れとして固まったポリパテの上に塗っておきました。

nashorn8.jpg
●さて戦闘室内部の壁にも至る所に押し出しピン跡の穴が目立ちます。

nashorn9.jpg
●ペーパーを小さく折り畳んだものでピン跡の穴周辺を磨き穴を消していきます。

nashorn10.jpg

nashorn11.jpg
●内部パーツの至る所に穴が存在しますが、ペーパーで削り取りました。

nashorn12.jpg
●砲身は今までのように合わせ目を消し、成形もする必要も無くなりましたが僅かなパーティングラインが残っているのでこの部分は軽くペーパを当てて消しました。マズルブレーキは今まで通り左右のパーツを組み立てる方式ですが、このくらいは我慢しましょう。

nashorn13.jpg
●説明書の31番。砲の組み立ては細かい部品も多いので注意してください。砲身を取り付けた所です。揺架の裏の合わせ目も消します。

nashorn14.jpg
●砲架の組み立て。説明書の32番では金属シャフトを使用します。この部分の組み立てに少量の瞬間接着剤が必要です。シャフトを通すポリキャップにも切り込みを入れる工作が必要となります。また砲架の可動部分には接着剤がつかないよう注意してください。

nashorn15.jpg
●戦闘室の組み立てはマスキングテープで仮組して調整しながら接着していきます。

nashorn16.jpg
●ワイヤーロープ用の糸には流し込み用接着剤をしみ込ませました。

nashorn17.jpg
●ほとんどの部品組上げ塗装にとりかかります。砲弾ラックは後で取り外せるよう両面テープで仮組して塗装します。またF5の銃架などの細かい部品は塗装中に折ってしまうなどの事故を防ぐためもう少し後に取り付けます。

nashorn18.jpg
●塗装の下準備として錆止めのプライマー色のサーフェイサーを使います。戦車の塗装にはサーフェイサーを使わない方も多いかもしれませんが、自分はプラ素材の光の「透け」を防止して重量感を出すために暗い色で下塗りするため、このプライマー色のサーフェイサーは一石二鳥です。

nashorn19.jpg
●車体全体にまんべんなく吹き付けます。

nashorn20.jpg
●サーフェイサーを吹いた所で車体色の塗装に取りかかります。次回に続きます。


1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.335 ドイツ 重対戦車自走砲 ナースホルン 35335

新品価格
¥3,372から
(2014/7/16 22:58時点)


■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記