ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 Mr.カラースプレー.
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

塗料の種類と選び方5(缶スプレー塗料)
今回は缶スプレー塗料についてです。缶スプレー塗料はちょっとコツをつかめばだれでも手軽に美しい塗装ができる大変便利な塗料です。自分は主にエアーブラシを使用してプラモデルの塗装をしていますがスプレー缶の塗料にもよくお世話になっています。車の光沢塗装やクリアの吹き付けは一度に多量の塗料を吹き付けるよりも薄い塗膜を乾かしながら何度も重ねた方が失敗の危険性も少なくきれいに仕上がります。エアーブラシでの吹き付けはそのつどハンドピースのカップの中で塗料が固まらないように洗浄しなければならず結構面倒なものですが、その点缶スプレー塗料は手軽に使うことができます。缶スプレー塗料で一般的なものはラッカー系塗料、水性アクリル塗料のところでご紹介したGSIクレオスの「Mr.カラースプレー」です。「ラッカー系(油性アクリル)」の塗料で色数も多くどこの模型店でも扱って入手しやすい塗料です。
s6-1.jpg
●GSIクレオス Mr.カラースプレー  525円 

そしてタミヤからも「タミヤカラースプレー」が発売されています。こちらはタミヤ製品の色指定になっていますのでアクリル、エナメル系と同じくタミヤ製品を作る時は便利です。
s6-2.jpg
●タミヤ タミヤカラースプレー 600円~

ここで注意していただきたいことは、この「タミヤカラースプレー」の中身は水性アクリル塗料やエナメル系ではなく「ラッカー系(油性アクリル)」の塗料ということです。ですから水性アクリル塗料やエナメル系で塗装した上に吹き重ねないでください。ラッカー系ということで性質はクレオスの「Mr.カラースプレー」と同じように思いがちですが、先日見つけたサイトで「タミヤカラースプレー」はエナメル系の溶剤で溶かされるという話題が載っていました。前回の講座で書きましたがラッカー系で塗装した塗膜はエナメル系で侵されることはないはずです。しかし今回この記事を書くにあたって自分でも実験してみましたが写真のようにタミヤのカラースプレーを吹いたところはエナメル系の溶剤で溶けてしまいました。どうしてこういうことが起こるのか今の時点では分かりませんが調べておきたいと思います。ということでクレオスの製品とも成分が違うはずですのでお互いの塗り重ねも避けたほうが無難です。
s6-3.jpg
●タミヤエナメルの溶剤を布に含ませて両方をこすってみました。左の赤色はクレオスのMr.カラースプレーでエナメル系の溶剤に侵されることはありませんが、右のタミヤカラースプレーは缶にラッカー系という表示があるのになぜかエナメル系の溶剤で侵されてしまいます。

塗料とは違いますが塗装に関連する缶スプレー2種類もこの記事で紹介します。また後で必要がありましたらそのつど詳しく解説しますが今回は簡単に特徴を解説させていただきます。まずは塗装前に使用する「サーフェイサー」です。これはプラモデル表面に付いた傷を埋めて表面を均一にしたり塗料の食い付きを良くする、プラモデルの整形色を隠ぺいして塗装の発色を良くするために使われます。クレオスでは粒子が荒い(大きな傷用)500番と1000番(タミヤはこの1000番の粒子です) 1200番の3種類があります。この「サーフェイサー」は必ず使わなければいかないという物ではなく、作るキット種類や好みで使われているものです。例えば美しい塗装面が必要なカーモデルでは多く使われますが、戦車模型では個人の好みで必要ないという方も多いです。
s6-4.jpg
●GSIクレオス Mr.サーフェイサー 420円~

次は塗装後の仕上げとして使用する「トップコート」です。光沢 半光沢 つや消しの3種類があり塗装後のツヤを均一にして整えるために使用します。水性アクリル系ですのでどの種類の塗料の上にも塗り重ねできます。ただしツヤ消し、半光沢で塗装した色の上にトップコートの光沢を吹いてもきれいなツヤはでません。
ガンプラなどのキャラクターモデルでは完成後も頻繁にポーズを変えたり、武器を取り替えたりして遊ぶ方は「簡単フィニッシュ」と称して塗装せずプラの整形色を生かしてトップコートを最後に吹きかけるだけという方も多いようです。その方が塗装の傷を気にせず遊べます。
s6-5.jpg
●GSIクレオス トップコート 525円

最後にカーモデルを塗装する例として缶スプレー塗装のコツを簡単にイラストにしました。まずかなり広い範囲に塗料が飛び散りますので床には広めに新聞紙などを敷いてください。壁にもかからないよう注意してください。もちろん火気厳禁です。間違っても乾燥が早いからだと言ってストーブのすぐ近くで作業しないでください。大変に危険です。
そしてトイレットペーパの芯でもスプレー缶でもなんでも結構です。塗装面に触らず対象物を動かせる持ち手を作ってください。ボディ下部などこの持ち手を持って角度を色々変えながら塗り漏れがないよう気をつけてください。
s6-6.jpg

塗装する時には缶をよく振り中身を撹拌します。吹き始めは塗料が大きな粒になって飛びますので対象物から少し離れた所から吹き始めます。そして対象物と平行に素早く動かします。同じ所を何度も往復すると塗料が厚くなりすぎ垂れてきますので常に吹く場所を移動してください。自分の場合は往復せずにイラストの矢印一方向からだけ吹き付けるという感覚で吹いています。
s6-7.jpg


一度に全部塗ってしまおうと焦ると失敗の元です。慣れないうちは少しずつ様子を見ながら吹き重ねてください。もし塗料が垂れたりほこりやゴミが付いたりしても慌てないでください。少々のことでしたらよく乾燥させてからペーパーで削れば修正できます。
乾燥させる時はほこりやゴミがつかないように箱か何かでカバーすると良いです。
s6-8.jpg

スプレー塗装の動画を用意しました。



缶スプレー塗装の感覚は経験で覚えるしかないと思います。この講座でも実践的な塗装を何度も取り上げるつもりですが失敗を恐れずに挑戦してみてください。

まだ塗料もいろいろ取り上げたいことがありますが夏休みにも入ったことだし次回から道具の解説から作り方に入っていきたいと思います。

↓ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記