ドメイン
チョー初心者のためのプラモ講座 安土城を作る.
チョー初心者のためのプラモ講座
プラモデルの選び方、プラモデルの作り方、塗装のコツ

■ プロフィール

まさき

Author:まさき
プラモデルサイト「ネコでも作れるプラモデル」の管理人。
車、戦車、カンプラなどジャンルを問わず作る「なんでも屋モデラー」です。ジオラマ作りも大好きです。

■ 最近の記事

■ カテゴリー

■ 模型誌

■ 月別アーカイブ

Joy Joy 安土城を作る1
戦車の講座が長く続きましたので今回はちょっとお休みして前回の名古屋城に続き、また城のプラモを制作してみたいと思います。
この記事を書いている2009年は戦国時代ブームだそうで、模型の世界でもディアコステーニの「週間安土城を作る」が創刊されましたし5月にはクレオスから総パーツ数570パーツ、価格が2万円を超えるような1/144スケールの熊本城が発売されます。それに比べるとちょっと地味ですが童友社からも昨年暮れに新金型の最新城模型が発売され静かな城模型ブームが来ているような気がします。今回制作する安土城もその新製品の一つです。
azuchi1.jpg
●自分が購入したかったキットは1/540スケールJoyJoyコレクションというシリーズでしたが、出かけた模型店では品切れ中。一部のパーツを金メッキしたゴールドコレクションというシリーズの安土城があったのでこれを購入することにしました。これはJoyJoyコレクションの製品に金メッキしただけでそれ以外はJoyJoyコレクション製品と同じものです。自分は金メッキの安土城が作りたいわけではありませんのでメッキを剥がして制作することになります。このブログのタイトルでもゴールドコレクションと表記すると金メッキの安土城を作ると誤解されるといけませんのでJoyJoy安土城を作ると表記しました。

azuchi2.jpg
●ご覧のとうりに屋根の部分は金メッキされています。

azuchi3.jpg
●石垣、壁の部分は普通のパーツです。

azuchi4.jpg
●前回の名古屋城の時は石垣と天守閣の仮組をせずに作ってしまい、いざ石垣に取り付ける時にうまく合わないという失敗をしましたので今回はしっかりと仮組してみましたが、さすが最新の金型だけあってぴったりと部品が合ます。

azuchi5.jpg
●屋根のメッキを落としていきます。普通メッキ落としには「キッチンハイター」のような漂白剤につけて落としますがこのキットのパーツはトップコートでコートされているようで漂白剤ではメッキが落とせません。トップコートをラッカー系塗料の溶剤で落としてからでしたら漂白剤でメッキを落とすことができますが面倒なので全部溶剤で落とすことにしました。まず溶剤を含ませたティシュをパーツに貼付けそのままラップで覆い一晩そのままにしておきます。溶剤につけ込んでおくと早くできますがパーツがシンナーで侵されて破損するのが怖いのでなるべく内部まで浸透せずに表面のメッキ部分のみに効果のある方法で剥がしたいと思います。

azuchi6.jpg
●一晩たつとメッキはボロボロになって簡単に剥がれてきます。

azuchi7.jpg
●ラッカー系塗料の溶剤で手早くボロボロのメッキを洗い流します。

azuchi9.jpg
●きれいにメッキが剥がれました。

azuchi10.jpg
●まず全体にダークグレイで塗装しました。ベースと石垣部分は前回の名古屋城と同じような方法で塗ってみようと思いますが、今回はスケールが小さく石垣部分のモールド(彫刻)が小さく浅いのでドライブラシでうまく石垣を浮き立たせることができるか心配です。この部分の塗り方は「名古屋城の制作4」でドライブラシの動画付きで紹介していますので参考にしてください。

azuchi11.jpg
●側面のマスキングして石垣部分をタミヤアクリルのライトグレーで塗装します。

azuchi12.jpg
●定番のエナメル系塗料でのウォッシングです。濃い目の塗料でしっかりと溝に塗料を浸透させます。

azuchi13.jpg
●下地のライトグレイにフラットホワイトを混ぜてドライブラシをしました。写真ではきれいに石垣模様が浮き出ているように見えますが実際にみるとメリハリがありません。

azuchi14.jpg
●油絵の具のホワイト、ブラック、ローアンバー(土色、濃い茶色)イエローオーカー(黄土色)をブレントしてランダムに色を置いていきます。これは油絵の具でなくてもエナメル系塗料でもアクリルでも結構ですがラッカー系塗料は下地を溶かしてしまいますので不可です。
溶剤で薄めてあまり強く色が浮かないようにします。

azuchi15.jpg
●それでもまだ色が濃く不自然に見えるので溶剤で拭き取りなじませます。

azuchi16.jpg
●もう一度その上からドライブラシです。アクリル絵の具のホワイトに極僅かのセピア色を混ぜて塗っていますが、ほとんどホワイトに近い色で強く石垣のモールドを強調します。筆の塗料はしっかり拭き取りほとんど「乾いた筆」状態で塗ってください。筆の塗料が残りすぎていると色がノリすぎて台無しになりますので気をつけてください。

azuchi17.jpg
●こんな仕上がりになりました。

azuchi18.jpg
●次回天守閣を組み立てしていきます。



ランキングにエントリーしています。ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ


■ ブログランキング

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ

■ ブログ内検索

■ スポンサードリンク

■ ユーザータグ

恐竜ジオラマを作る。金閣寺を作る.缶スプレー塗装のコツ.デカールの貼リ方.ケロロロボケロロ軍曹の制作.塗料の種類.水性ホビーカラー.エアーブラシの使い方.HGUCガンダムタミヤカラーアクリル.エアーブラシの選び方.エナメル系塗料.Mr.カラースプレー.ハンブロール水性アクリル塗料タミヤカラースプレー.サーフェーサー..マスキングゾルの使い方.必要な工具.トップコート.タミヤカラーエナメル.カーモデルの制作1.スペースシャトルを作る.最上.1/350旅客機を作る.浜松ジオラマファクトリー.サンダーバード2号&救助メカ10式戦車.とよはし模型博メガサイズモデルガンダム.プラモマニュアルシリーズ安土城を作る.61式戦車5型.AFVの会コーティングプレート.ツィンメリット・コーティング.アイマス機を作る.零戦プラモマニュアルシリーズ.アイドルマスタースミ入れについて.

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ QRコード

QRコード

■ PR

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


copyright 2005-2007 チョー初心者のためのプラモ講座 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記